Read Article

家族がインフルエンザに感染!2次感染を防ぐ看病の仕方



「保育園に通っている子供が、インフルエンザにかかってしまった〜(涙)」
予防接種をしても、集団生活をしていれば、感染はどうしても避けられないものです。

でも会社は出来るだけ休みたくないし、特に兄弟への感染はなんとしてでも防ぎたい!

最も感染率の高い家族の間でも、看病のポイントさえしっかりおさえておけば、2次感染は防げます!

もしもの時でも焦らないためにも、しっかり知識をつけておきましょう。

Sponsored Links

インフルエンザはどうやって感染するの?

ウイルス そもそもインフルエンザのウイルスは、どうやって体内侵入してくるのでしょうか?
主な感染経路は2種類あります。
  • 飛沫(ひまつ)感染
  • 接触感染
インフルエンザに感染している人が、をすることによって空気中にウイルスが飛び、それを周りの人が鼻や口から吸い込み、体内に取り込まれて感染するのが飛沫感染です。

一方接触感染は、咳をする時に口を押さえたり、鼻水をティッシュでかんだ手で、電気のスイッチやドアノブなどに触り、そこにウイルスがつきます。

又その場所を別の人が触わり、手で口や鼻を触る事により、粘膜などを通じてウイルスに感染するのが、接触感染と言われています。


Check

飛沫感染と接触感染を徹底的に防ぐのが、インフルエンザウイルスにに感染しないポイント!

それでは看病の仕方と、感染を防ぐ為の具体的にとる行動を、見ていきましょう。

家族を看病する時に気をつけること

プリント 先ほど感染経路は、飛沫感染と接触感染の2種類あるというのはわかりました。

それでは次はその2つを避けるには、どうしたらいいのか見ていきましょう!

○ 部屋を分ける

インフルエンザにかかっている家族は、生活する場所を分けます。要は隔離する訳ですね…。子供は「自分だけどうして〜?!」と理解しにくいかもしれませんが、安心させながら伝えてみて下さいね。

○ 決まった人が一人で看病する

インフルエンザで苦しんでいると思うと、家族は様子を見たいですよよね。でもその、ちょこっと顔を見たことにより家族が感染してしまっては大変なことになってしまいます!

ですので、できるだけ決まった人が一人で看病し、他の家族は接触を避けます。

○ マスクをつける

インフルエンザにかかっている子供と、看病する人の両方ともマスクをつけます。その際トイレなど部屋からでる時でも、マスクは忘れずにつけるようにしましょう。

○ こまめにうがいをする

もしもウイルスを吸い込んだとしても、10分以内にうがいをすれば、感染を防ぐ効果があります。看病する人は部屋を出た後など、こまめにうがいするように心がける。

○ 石けんで手を洗ったとにアルコール消毒する

インフルエンザのウイルスは、タンパク質の膜で覆われているそうです。石けんで洗うことによりウイルスをなくし、さらにアルコール消毒することにより、持続させることが出来ます。

アルコール

部屋の環境はどうしたらいい?

インフルエンザにかかっている子供の部屋の環境も整えることが、さらに家族間の感染率を下げるのに役立ちます。合わせてみていきましょう!

 ○ 窓を開けてこまめに換気する

閉め切ったままの部屋は、ウイルスが充満した状態になってしまいます。家族が帰ってくる1時間前など、適度に換気しておく。

○ 加湿器をフル稼働

インフルエンザのウイルスは湿度が低くて、乾燥した環境を好むと言われています。ですが、加湿することによりウイルスが重くなり、空気中から落下させることができるそうです。室内の湿度は大体50〜60%に保つようにしましょう。

○ ティッシュはビニール袋で密封する

接触感染の大きな原因の、鼻水をかんだティシュ。いつものようにそのままゴミ箱には捨てずに、別のビニール袋に密封して捨てると、感染を防ぐのに役立ちます。もしくは、ゴミ箱に蓋があるものでもOKです。ティッシュを触ったら、手洗いも忘れずに。


Sponsored Links

インフルエンザの予防におすすめな食事

栄養 子供の看病はもちろん大事です。でも、自分がインフルエンザにかかってしまっては、看病もできませんよね…。

そうならない為にも、予防をはしっかりしておきましょう♪

インフルエンザの予防には事前の予防接種と、体の抵抗力を高めておくことが大切です。

体の免疫力が高いとウイルス対しの抵抗力が強くなり、感染しにくくります。その免疫力を高めるには、十分な睡眠とバランスのよい食事が不可欠です。

免疫力を高める食事

お肉や魚などからタンパク質、野菜や果物、海草類から、ビタミンやミネラルなどバランスよく摂る。

また、体を温めることも免疫力UPになるので、スープや鍋などは体も温まり、野菜もたっぷり摂れるのでいいです♪

健康には欠かせない、免疫力を高めるにはどうしたらいい?こちらの記事も合わせてどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
★豆乳ヨーグルトの効果がスゴい!牛乳ヨーグルトとの違いは?
★花粉症にヨーグルトが効果的ってホント?食べるならどの種類?


おさらい

家族間の2次感染を防ぐポイントを確認していおきましょう!
  • インフルエンザにかかった人と家族の部屋は分ける

  • 看病する人はできるだけ一人にし、それ以外の家族は接触しない

  • 飛沫感染を防ぐ為にマスク、空気清浄機、加湿器を使う

  • 接触感染を防ぐに手洗い、うがいをこまめに行う

  • 鼻水をかんだティッシュは、ビニール袋で密封又は、蓋つきのゴミ箱に捨てる

  • 予防接種は家族全員受ける。バランスの良い食事と睡眠をとるようにする





子供がインフルエンザかかってしまったら、とにかく家族に感染を広げたくないですよね。

でもウイルスの感染経路となる、飛沫感染と接触感染を理解し、しっかり予防しておけば大丈夫です!

子供の体も心配ですが、自分もウイルスをもらわない為に、日頃から十分な睡眠とバランスの取れた食事で抵抗力をつけ、ここぞという時の踏ん張りにそなえましょう!

☆インフルエンザに関する記事はこちら☆

Check

★インフルエンザの初期症状は?自覚症状でわかる風邪との違い
★妊婦のインフルエンザの予防接種!受けても大丈夫なの?
★インフルエンザの予防接種!赤ちゃんは受けた方がいいの?


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top