Read Article

お正月太りの解消法!楽だから続けられる3つのプチ習慣

年末からお正月にかけては、大勢で集まり美味しいものを食べる機会が多くなりますよね〜

例えば、豪華ディナーで1年の〆に乾杯、そしてお餅におせち料理で新しい年に乾杯。久しぶりに会う人との食事を通しての会話は楽しいものです。

でも気づくと、最近なんだか、食べっぱなし・・・?!

試しに体重計に乗ってみると・・・「ヒェー!!3kgも増えてる!!!」なんてことありますよね。


Sponsored Links

年末からお正月にかけてのこの時期は、どうしても食欲全開になりがちで太ってしまいます。この時期に特に女性は平均プラス2kgはも増えるそうです!

体重計
この増えた体重、休みの間に戻したい!

でも、子供の世話や仕事など毎日することは山積み・・・

キツいのは続ける自信がないので、毎日の生活の中のちょっとの工夫で体重が落とせるものはないかな・・・

そんないそがしい方にオススメの習慣があります!

お正月ってなんで太っちゃうの?

おせち料理
お正月くらいはゆっくりテレビでもみながら、美味しい物を食べて過ごしたい。

食べる機会が多いお正月。美味しいそうな料理を目の前にすると、いつもよりどうしても食べ過ぎてしまいます。

そして、お正月ってお店も休みだし特に行くところもない。となると、家でゴロゴロ、撮りためていたドラマや映画を見たり。ついつい運動不足になり、便秘がちに。そして気づいたら、体がむくんでる?!なんてことに。

そもそもお正月太りの主な3大原因は・・・
  • 食べ過ぎで胃が拡張
  • 体がむくみ代謝が落ちる
  • 運動不足により便秘
さて、原因がわかったところでそれぞれの解消法を見ていきましょう。

ごろ寝

お正月太りの原因と解消法

ご紹介するお正月太り解消法はどれも、毎日の生活の中で辛くなく、しかも楽に続けられるものです。

もちろんジムに通ったりランニングをしたり普段していない運動を取り入れれば体重は落ちてくると思いますが、それだとどうしてもハードルが高く、結局続かなくなってしまいます。

ですので、普段の生活にちょっとプラスするだけで無理なく楽に体重が落とすようにしたいですよね。

食べ過ぎの解消

朝ご飯

プチ習慣①


  • 食べる順番を気をつける。
  • 基本ルールは、野菜>タンパク質>炭水化物
この順番で食べると、血糖値の上昇がゆるやかになり、自然と太りにくくなります。

血糖値をあげるのは炭水化物といわれていわれています。

炭水化物は体内で糖質に変わり、その糖質は主に活動するためのエネルギーになります。
でもエネルギーにならずに余ってしまった糖は、脂肪に変わります。ですので、炭水化物を取りすぎると、脂肪が増える原因になります。

さらに言うと、野菜などの食物繊維の多い食べ物は消化に時間がかかるので、その後に入ってきた炭水化物が消化するのをゆっくりにする働きがあります。

そのため先に野菜を食べて、次に肉やお魚のタンパク質、そして最後に炭水化物と食べる順番を気をつける事で、血糖値の上昇をゆるやかにし、その結果自然と脂肪がつきにくくなり、食べる量も減らす事ができます。

例えば普通の朝ごはんの場合を例にしてみると
  • 和食だと 野菜>お総菜>みそ汁>焼き魚>ご飯
  • 洋食だと サラダ>スープ>卵>パン 
よくあるフレンチのフルコースの前菜>スープ>メイン>デザートというのはまさしく理想的な食べ順なのです!

また気をつけたいポイントとして1つの食材を食べきってから次の食材を食べる。

よく子供に「三角食べをしてね!」なんて私はいいますが、これはバランスよく食べるという点ではいいです。ですが脂肪をつきにくくするという点では実はNGになりますので、気をつけて下さいね。

むくみの解消

お風呂

プチ習慣②


  • 塩浴で足のマッサージ
お風呂に手の平くらい(50gくらい)のお塩をを入れると塩の効果で体が温まり代謝がアップ♪さらに足首やふくらはぎを下から上へゆっくりマッサージしてあげると、むくみを取るのに効果的です。

年末から食べ続けた食事は味付けが濃いものが多く、またお酒を飲む回数も多いので、どうしても体がむくんでしましますよね。

むくんでいるとこころは冷えやすく、体は冷えているところを守るために脂肪をつけてします。むくみは早く取っておきたいですね。

 

運動不足による便秘の解消

太った主婦

プチ習慣③


  • お風呂上がりや隙間時間にストレッチをする
4~5日間便秘が続くと体の中にはなんと、約1kgの便が溜まるとも言われています!便秘の解消としてオススメなのがストレッチです。お風呂上がりは体が温まり柔らかくなっているのでストレッチしやすくなります。
お正月の運動不足とだらだら食べでの不規則な生活リズムより、女性は特に便秘になりがちになってしまいます。

便秘はそのままにしておくと、吹き出物やお肌のトラブルの原因にもなってしまうので早めに解消しておきたいですよね。

私は子供がまだ小さいのでお風呂上がりすぐにはできないので、支度が終わって一息つく時に、子供と座って遊ばせながら、ストレッチをしたりしています。

そんなに長い時間することはないので、ちょっとした隙間時間に体を伸ばすように心がけるだけでも違いますよ〜

Sponsored Links

毎朝続けられる簡単習慣

さて、毎日の生活に少しずつ取り入れた体重を戻すプチ習慣にもう少しプラスして、戻した体重ををキープする方法をご紹介します。

 チェック


朝起きたらまず、白湯又は紅茶に生姜とレモン汁を入れて飲む。

これは冬になると私がしている朝習慣の1つです。
起き抜けはついつい冷たい物を飲みたくなってしまいますが、あえて温かい飲み物を摂る事で体が温まり、代謝が上がります。

生姜は体を温めて、レモン汁の程よい酸味は体を自然と目覚めさせてくれます。
飲みにくかったらはちみつやお砂糖をスプーン1杯ぐらい加えると飲みやすくなります。生の生姜やレモンがなければチューブの生姜、ポッカレモンでも大丈夫です。

おわりに

お正月の間は美味しい料理をたくさん食べて、家族とのんびり過ごしたいですよね。でも、その結果増えてしまった体重は休み中にリセットしたい!

今回ご紹介したプチ習慣はどれもそんなに辛くなくて割と楽にできるものかと思ます。このプチ習慣をお正月の間も頭の中の片隅においておけば、たとえ体重が増えてしまってもすぐにリセットが出来ると思うので、気にせず楽しいお正月を過ごてくださいね。


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top