Read Article

布団を処分したい!安くて手間をかけずに捨てる方法は?

そろそろ古くなった布団を処分したいな。

お家の中の収納スペースは限られているもの。
その中でも布団って、結構かさばるものです。

布団がなくなったスペースを使うと、意外と大きな収納スペースができるものです。

でも…このいらなくなった布団、どうやって捨てたらいいの?!

燃えるゴミとして捨てて問題ない?
それとも業者に頼まないとダメなのかな。


結構お金がかかるなら、捨てるのも躊躇してしまいますよね。

Sponsored Links


管理人も引越しの際に、要らなくなった布団の処分に困った経験があります^^;

処分の仕方がわからない!お金がかかるといった理由で、ついつい押し入れに入れっぱなしなんて方もいらっしゃるのでは?^^;

そこで今回は・・・


・布団の処理に困っている
・捨てたけどどうやって捨てればいいかわからない


こんなお悩みを抱えている方へ、安く布団を処分できる方法をご紹介したいと思います!

布団の処分の仕方


布団は一般的に、燃える素材の綿などでできているため、普段使っている燃えるゴミ袋に入れて出せばいいのではと思っていませんか?

でも、布団は思っている以上に大きく、重量もあるものです。

そのため・・・

Check

燃えるゴミとして捨てても大きすぎて燃えないことが多いため、ほとんどの自治体では粗大ゴミとして布団を扱うのが現状です。


え?!燃えるゴミとして捨てられないんだ、お金は結構かかるのかな?

・・・そうなると別に腐るものではないし押し入れに眠らせていてもいいかなと、躊躇してしまう方もおおいのではないでしょうか。

でも大丈夫です!

今回は布団の処分で主な3つの方法をお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

布団の捨て方 その①自治体のごみ回収に粗大ごみとして依頼

管理人も布団を処分する際に、使っている方法ですが、最も一般的な捨て方が自治体の粗大ごみとして出す方法ではないでしょうか。

管理人の住んでいる地域の場合の布団を処分する流れを紹介しますね。

①自治体の粗大ごみ受付センターに布団を捨てたいと電話する。
この時に、布団1枚につき○○円という感じで、いくらかかるか教えてくれます。
また、回収方法や日時もこの電話で教えてもらいます。

②コンビニなど指定された粗大ごみ回収シールを売っている場所で購入する。

③指定された場所、日時までにシールを貼った布団を置いておく。


費用の相場は?

粗大ゴミシールの購入費用は、だいたい200円~500円前後が多い。
金銭的にも安いので主婦の味方ですよね


粗大ゴミを回収する予定日などは、自治体の粗大ゴミ受付センターに電話をして聞くようにしましょう。

布団の捨て方 その②不用品回収業者に依頼

続いては、不用品回収業者に依頼する方法です。こちらは、ネットでも簡単に業者は見つけられると思います。

自治体のゴミ収集と比べると、メリットは自宅に業者が回収しに来てくれるので、布団を指定された場所や回収シールを買わなくてもいいという点です。

費用は?

業者によっても違いますが、相場では布団1枚1,000~2,000円前後


自治体のごみ回収にくらべると、どうしても割高感はありますが、手間は少ないかと思います。

また、家に眠っている布団以外の不用品もいっしょに引き取ってもらえるので、その点は便利ですね。

無料回収には注意!

無料回収を謳っている業者も見つかるかとおもいますが、その際は注意が必要です。
いざ回収を依頼すると布団は無料では回収できない、といって料金を請求されるケースも中にはあるそうですので、事前によく確認してくださいね。


布団の捨て方 その③布団販売店が無料回収もあり?!

新しく布団を買い替える時にお店によっては、新しい布団の購入と引き換えに無料で古くなった布団を回収してもらえます。

大手通販会社ベルメゾン

家具などを販売している通販会社ですが、ベルメゾンでは不要になった家具を無料回収しているそうで、布団もその対象に入るそうです。
ただし、41,040円(税込)以上の商品購入、その他の条件を満たしていることが前提です。
詳しくはコチラ⇒ベルメゾン


西川寝具

西川寝具店では特定の布団を購入に対し、無料で不要布団引き取りをおこなっていようです。詳しくはコチラ⇒西川ストアONLINE



古い布団は片付き、布団も新調できるので、新しい布団に買い替えたい場合は便利ですよね。

Sponsored Links

おすすめな捨て方はコレ!


3つほど布団の処理の仕方を紹介してきましたが、私が布団の処分のときに利用しているのは・・・

自治体のごみ回収に粗大ごみとして依頼する



不用品回収業者は便利ですが、やはりどこがいいのか事前にリサーチが必要ですし費用もかかるので、やっぱり少々手間はかかりますが、自治体のゴミ回収が安全で一番安上がりかと思います。

その他の布団の処理方法は?

ご紹介した3つの処分方法の他に、2つほど他にもあります。

燃えるゴミとして出すのはあり?


上でも燃えるゴミとして出すことも触れましたが、確かに布団は燃える素材でできているので、可能といえば可能です。

ただし、そのままごみ袋に入れて出すのはNGです^^;何をするかというと・・・

布団を小さく切って燃えるサイズにする


でも布団を小さく切るのは、思っている以上に大変な作業です!

部屋中、ホコリだらけになりますし、手は痛くなるし、正直あまりおすすめはしません^^;

でももちろん時間があって、手間に感じない場合はもちろん、これが一番お金のかからない方法ではありますよ。
ちなみに、羽布団は、開くと部屋中に羽が飛び散ってしまうので、要注意です^^

リサイクショップ・ネットオークションで売る

リサイクルショップやネットオークションで売れば、お金も多少入っていいのでは?

確かにそうかもしれませんが、残念ながら布団は直接肌に触れるものなので、難しいといえます。

ただ、新品同様、未使用であれば売れる場合もあるので、その際は確認して見てくださいね。




布団は普段のごみと違って手軽には出せないのはわかっていただけたかと思います。

でも多少手間はかかりますが、お金もそんなにかからずに処分できる方法がわかっていただけたかと思います。

住んでいる地域や、ご自身のライフスタイルによってどうやって処分するのがよいか、参考になれば幸いです^^


URL :
TRACKBACK URL :
Return Top