Read Article

お弁当袋の超簡単な作り方!手縫いOKの3つのパターンはコレ!

幼稚園といえば袋物やお弁当グッツを、手作りもので揃えてくるママさん…
結構多いですよね〜

管理人も長男が幼稚園に入る前に初めて慣れないミシンを使って
なんとか作っったのをよく覚えています(汗)

でも、ミシンって押入れの奥の方に入れてるので、いちいち出すの億劫じゃないですか?
しかも子供がいるとミシン針とか危ないし・・・

手縫いでチクチクできたら、だいぶ楽なんだけどな〜。

Sponsored Links

そんな思いを抱いているママさんに朗報!

今回はミシンを使わずに手縫いでできるお弁当袋の3つの作り方をご紹介します!

細かい部分は動画もあるので、わからないところを何度も確認できます!

これならできそう!と思えるのを選んで、ぜひ作って見てくださいね。

お弁当袋の作り方!3つ


手芸屋に行くと、可愛い生地がたくさんあって、ひとつに絞るのが難しいですよね〜。
好きな柄をふたつ使って、自分好みのお弁当袋を作れたら嬉しいですね♪

それではまず、お弁当袋の作り方を、物凄く大まかに3つに分けて説明するとこうなります!

①材料を用意する
②折りめをつけ、手縫いする
③ひもを通す

ちょっとざっくりすぎますが・・・イメージは沸いたのではないでしょうか^^;

では、実際にどの部分をどのように縫ったり、紐通しするのか、動画も参照しながら見ていきましょう。

バンダナで作る!超簡単なお弁当袋 難易度★☆☆


折り方を動画のようにするだけで、あっと不思議!お弁当袋ができちゃいます。



☆材料☆


○バンダナ:1枚
○ひも:横辺の長さ×2本
○針と糸

作り方


①表面を下にしてバンダナを広げる。
②上下を1/3の位置で折る。
③左右を1/5の位置で折る。
④半分に折る。
⑤折り目を下にして、上部を2cm開けて左右を縫う。
⑥底を三角にして角から3cmのところを直線に縫う。
⑦裏返して、左右両方から紐を通す。
⑧紐をそれぞれ結んだら、出来上り!


針と糸も使わない?!ビックリな超簡単お弁当袋 難易度★☆☆


なんと次は針と糸さえ使わずに作っちゃうお弁当袋です!

じゃあ何を使うの?!

正解は、ヘアゴムです♪

100均とかで売ってる、輪ゴムのような素材のヘアゴムを用意してくださいね。



☆材料☆


○バンダナ:1枚
○ひも:横辺の長さ×2本
○ミニサイズのヘアゴム:8本

作り方


①バンダナを動画のように8箇所の場所に、記事を5cmほど掴み輪っかを作っていきます。
②輪をヘアゴムで結びます。同じように8箇所ヘアゴムで結びます。
③輪っかに紐を左右から両方通していく。
④紐の端を結んだら出来上がり!



Sponsored Links


裏地ありのお花のようなかわいいお弁当袋 難易度★☆☆


続いてはランチクロスを2枚使って、裏地ありの裏技お弁当袋です。

しかも手縫いで縫うのは、たったの4箇所だけなのに超かわいい!

思いったたらすぐにできるので、早速作り方をみてみましょう。



☆材料☆


○バンダナorランチクロス:2枚
○ひも
○針と糸

作り方


①生地を2枚合わせて、動画のように折り目をつける。
②折り目のところまで、生地を三角になるように4箇所折る。
③折った4箇所を、紐の通る長さを残して縫う。
④塗った4箇所に紐を左右から両方通す。
⑤紐を結わったらひっくり返す。
⑥出来上がり!



ランチマットの作り方 難易度★☆☆


ランチマットの用意が必要な園や学校もありますよね〜。

お子さまの好きな柄のランチマットを広げると、お弁当の時間の楽しみが増しそうです♪

うちの子の場合は、ウルトラマン柄のランチマットを作ってあげました〜

動画ではミシンで使ってますが、手縫いでも大丈夫です!



☆材料☆


○布2枚:35×40cm
○針と糸

作り方


①2枚の布を、中表にして重ねる。
②返し口の分を、15cm開けて印をつける。
③1cmの縫い代で、15cm開けて縫う。
④四隅を切り取り、裏返して角を整える。
⑤返し口などをアイロンで整える。




お弁当袋の作り方はいかがでしたか〜。

今回ご紹介した3つは、どれもバンダナをそのまま使って作れるので、生地を切る手間もなく、本当に手間入らずです^^

バンダナサイズであれば、子供の好きなキャラクターの柄のランチクロスでもできるので、お手軽ですよ〜。

まあこれでいっか、と市販のもので妥協するより、確実に愛着の湧くものになることも間違いなしです!

苦手意識はあまりもたず挑戦しやすいものから、始めてみてください。

これを機に手作りをする喜びに目覚めるかもしれませんよ〜♪


URL :
TRACKBACK URL :
Return Top