Read Article

子供のスキー板の長さ!選び方のポイントは身長と体重と…

今年は初めて子供とスキー旅行に行く予定。

スキーの板はゲレンデでレンタルするつもりだけど、板ってどのくらいの長さのものを選んだらいいのかな。

子供の身長と同じでいいの?
それとも身長より長い方がいい?


年に数回しかやらないウィンタースポーツとなるとイマイチピンとこないですよね。

Sponsored Links


今回は、昨年小1でスキーデビューをした息子の経験を踏まえて、子供のスキー板の選び方をポイントを押さえてお答えします。

子供のスキー板の選び方のポイント

スキー板の長さは、何を基準に選んだらいいでしょうか。
大人ならわかるけど、成長の早い子供の場合はよくわからないですよね〜。

子供のスキー板の長さは…

Check

スキーのレベルを考慮しつつ、体重と身長から選びます。

続いては、板の長さの体重と身長の関係を詳しくみてみましょう。

体重によるスキー板の選び方

まずは体重からみてみましょう。

◎ 体重が重い⇒長めの板/浮力大
◎ 体重が軽い⇒短めの板/浮力小


体重は板のしなりねじれに影響するので、体重が重い場合はん長めを、軽い場合は短めのスキー板を選びます。

身長によるスキー板の選び方

続いてはスキー板の長さと身長の関係です。

スキー板は身長よりー10cmからー5cmの板を選ぶ。


しかし注意するべきことは、身長が低くても体重が重い場合は剛性も重要になります。

剛性とは?

ネジレやフレックス強度スキーブーツのシェル(外側のプラスティック部分)の強度のこと。


剛性は滑走の速度によって決まり、剛性が高いのは滑走速度の速い上級者用です。

反対に剛性が低いのは、低速でも操作が簡単な初心者用となるので、ここもチェックしておきましょう。

子供の成長に合わせるにはどうしたらいい?

もしレンタルではなく、マイスキー板を購入するなら、できれば2、3シーズンは使いたいですよね〜。

ですが、成長の早い子供のスキー板を選ぶのに頭を抱えてしまいます。

でもそんな成長期お子さんに板を選ぶ場合でも大丈夫です。
例をあげておきますね。

例えば・・・

現在の子供の身長が130cmだとすると、120cmか125cmの板か迷うところです。
でも子供の成長を考慮すると、この場合は120cmの板を選びましょう。

ただ、子供の成長は思っている以上に早いものです。
何回行けるかわからないし、来年買い直すのはちょっと・・・という場合は、割り切ってレンタルを利用して、体型にあったものを選ぶのも手です。

割引があるサイトなどを上手く利用すると、思ってたより安くあがることもありますよ。

Sponsored Links

子供へのスキーの教え方は大丈夫ですか?こちらの記事も参考にどうぞ。
★子供にスキーの教え方!楽しさを伝える5つのテクニックとは?

その他のスキー用品の選び方と注意点

子供用のスキー用品を選ぶ際に、最も重視しなければならないのは、サイズです!!

子供の成長を鑑み、来年まで使えるサイズを選びたくなる気持ちはわかりますが、滑走中に脱げてしまっては危険です。

スキーはスポーツだということを念頭において、コスパやファッション性より安全面を優先してくださいね。

続いては、スキーウエア、スキーブーツ、小物の選び方のポインをみていきましょう。

スキーウエアの選び方


スキーウエアを選ぶときに大切なのはサイズです。

まずサイズですが、ジャケットはインナーを着た状態で試着し丁度良いサイズを選びましょう。

中に厚着をする予定でいる場合は、少しゆとりのあるものがいいですね。


ズボンは踵まで長さのあるものを選びます。

スキーブーツを履くと少し高さがでます。寸足らずにならないように、踵までのズボンを選びましょう。

また、小さいサイズを選ぶと手足が突っ張りますので、動きが妨げられる恐れがあります。
スキーはスポーツですので、動きやすさを優先して選ぶように注意してくださいね。

Check

色はゲレンデで映え、目印になる色、赤、オレンジ、黄色などの暖色系または、蛍光色のものを選びましょう。


特に子供の場合は、派手かな?と思うくらいが目印になって良いでしょう。

その他小物 〜スキーブーツ、ゴーグル、手袋、帽子〜

プリント

ブーツ

子供のスキーブーツは、普段履きの靴より0.5cm~1cm大きめを選びましょう。

実寸の足のサイズより1cm~2cm以上大きいブーツはやめましょう。

ゴーグル、手袋、帽子

好みや防寒性だけでなく、安全面を重視して選びましょう。

ゴーグル、帽子はきちんと体にあったものを、手袋はストックを握りやすいように少し大きめが良いでしょう。



スキー板の長さの目安のイメージはできましたでしょうか。

子供は何でも初めが肝心!

最初に楽しい!っと思ったらきっと次もやりたがるものなので、そのためにスキー用品もしっかり選んであげたいですね〜。

楽しい家族スキーになるといいですね♪


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

Return Top