Read Article

熱が何度あれば学校を休ませる?迷った時の判断基準を詳しく!

朝、息子が起きてきてなんとなくしんどいと言うので、とりあえず測ってみたところ、熱は37.3℃

うーん、微妙・・・


学校行って熱が上がったら困るから、学校は休ませるべき?
それとも、元気はありそうだから行かかせても大丈夫かなぁ。

朝の忙しい時間、正直迷いますよね^^;

Sponsored Links


仕事を持っているお母さんなら、できれば行かせたいと思うかもしれません。
でも無理して行かせて、後でひどくなっるのものも困ります。

そこで今回は、熱が何度あれば休むべきなのか、迷った時の基準判断と注意点について具体的にお伝えしたいと思います!


熱がある時の学校を休ませる基準

そもそも、熱がある場合の学校を休ませる基準はどこにあるのでしょうか?
周りのお母さんたちに聞いてみると様々な意見が出てきました。

ママ達の声

❍ 37.3℃なら微熱なので、連絡帳にその旨を書いて取りあえず行かせる。
❍ 熱は微熱でも頭痛や腹痛など他の症状があれば休ませる。
❍ 熱があっても食欲があり、元気なら行かせる。



なるほど〜^^

子供にもよるので、一概にひとつの基準で当てはめるのは難しそうなのがわかりますね。

学校を休ませる判断基準と注意点


それでは実際に学校を休ませる時の判断のポイントをみてみましょう。

平熱より高かったら休ませる


基準がひとつに決められないとママ達の意見を聞いてもわかってきます。

とは言っても、やっぱり熱が高いか低いかはその日の体調を判断するバロメーターではあります。

そのため、判断する基準の一つとしておすすめなのが、

子供の平熱を知る


子供の普段の平熱を知っておけば、いざという時、子供の状態を判断する目安になります。

一般的に子供の平熱は36.5℃程度で大人よりも高いと言われています。

ですが最近では、低体温の子供たちも増えてきているようですので、この際改めて測ってみるといいかと思いますよ。


ちなみに子供の平熱を把握するには・・・

朝、昼、晩と1日3回、数日間測ってみると、だいたい把握できます。
それを元に基準を決めておくといいですね。


Point

平熱を基準に、それよりも1℃以上高い場合は、本人もしんどくて、体にもかなりの負担がかかるので休ませたほうがいいようです。


とは言うものの、実際は平熱だけでは判断できない部分もありますので、その他の注意点について見てみましょう。

インフルエンザの季節

熱が37℃程度の微熱であっても、インフルエンザが流行っている時期なら、これから熱が上がることも考えられます。

他の症状がなくても、早めにお医者さんへ行くことをおすすめします。

以前は、インフルエンザに感染していても発熱から24時間以上経過しないと判定ができないと言われていましたが、最近では24時間以内でも判定できるようになってきているところもあるようなので、かかりつけのお医者さんに確認してみてくださいね。

熱の他にも症状がある


たとえ微熱であってもそれだけではなく、例えば・・・

❍ お腹が痛い
❍ 食欲がなくてグッタリしている
❍ 鼻水や咳が出ている


そんな場合は、無理して行かせても余計に悪化したり、治りが遅くなったりするので大事を取って休ませたほうが良いでしょう。

Sponsored Links

うちの場合は・・・


体験談☆私の判断ポイントは?

我が家では長男が小1だった頃、熱がなくてもお腹が気持ち悪いしんどいという時は、大事を取って休ませていました。

なぜかというと、長男は周囲に気を遣うタイプの子だったので疲れが出やすかったのかもしれません。

この子は精神的に弱いのか、私が過保護なのかと心配していましたが、学校に慣れてきた今では37.3℃の熱があっても休みたくないと言って、マスクをして学校へ行く時があります。

仲のいい友達ができてきたので、家にいるより学校に行きたいと言うようになりました。

年齢が上がると体力がついて、精神的にも強くなるのだと感じています。

考えてみると、うちでは熱で判断というよりも子供たちの元気の良さで判断しているように思います。


子供の場合、熱が何度出たから休ませるべき!という明確な基準はないようですね。正しい判断をするための基準と注意点についてもう一度みておきましょう。

❍ 子供の平熱よりも1℃以上高い場合は休ませる。

❍ インフルエンザなどの感染症が流行している季節は、微熱でも休ませて早めにお医者さんに診断する。

❍ 微熱の場合でも腹痛、食欲がなくてグッタリなどの他の症状がある場合は大事を取って休ませる。

❍ 気を使うタイプで疲れから体調を崩すことが多いなど、子供の性格やタイプも判断の基準にする。




昨日まで元気だったのに、今日は朝からしんそう。

子供って楽しかったり夢中になっている時は、自分が疲れていたり体調が悪いことに気づきにくいですよね。

かといって、お母さんも毎日忙しいので、急に仕事を休めない!という方もいらっしゃると思います。

どうしても休めない場合に助けてもらえる人を確保しておくことも大切ですが、普段から気になる時は子供の熱を測るっておくこともおすすめします。

またインフルエンザなどの季節は、ママ友とも情報交換をして、学校がどういう状況なのかを知っておくことも大切ですね。


☆子供の病気に関する記事☆

Check

★風邪の時のお風呂の入り方!入るとメリットもあるって本当?
★子供が熱の時の食事!食べ物と飲み物はどんなものがいいの?
★子供の鼻血の原因!これって怖い病気?不安になるその前に!
★子供の熱が下がらない!病院に行き直すべき?見極のポイントは?
★家族がインフルエンザに感染!2次感染を防ぐ看病の仕方
★RSウイルスと風邪との違い!見分けるポイントは熱の後の…
★RSウイルスに感染!保育園はいつから登園していいの?
★子供の花粉症で病院に!何科へ行けば良い!?






URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top