Read Article

風邪の時のお風呂の入り方!入るとメリットもあるって本当?


風邪の時はお風呂に入ってはダメ。

この言葉、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

私も子供のころから親にこう言われて育ったので、自分も自分の子供にもそのようにしてきました。

ただ、最近は風邪の時でもお風呂に入っても良い。
という話をテレビなどで見たり聞いたりします。
Sponsored Links

いったいどちらが正しいのでしょうか?

今回は、風邪をひいている時のお風呂の入り方やそのメリットについて詳しく説明するので、いっしょにみていきましょう。


風邪の時はお風呂は入っていいの?やっぱりだめ?

昔から呪文のように言われ続けてきた、風邪の時の入浴はダメ。

でもこれって本当なのでしょうか?

いろいろと調べてみると、このように言われていたのは実は日本だけだったようです。

風邪の時のお風呂がダメだといわれていた理由は?

そもそも、よく言われてきた風邪の時にお風呂に入ってはダメ。という言葉の根拠は、日本のお風呂文化に関係しているようです。

どうして?

昔は、どこの家にも今のようにお風呂がなかったり、あったとしても家の外にあったりしたため、せっかくお風呂で温まっても帰ってくるまでに体が冷えてしまい、風邪を悪化させてしまうということが根拠になっていたようなのです。


その他にも、熱があるのにお風呂に入ると余計に体力を消耗したり体温を上げたりするという理由もあったようです。

国によっても考え方が違う!

例えば、ヨーロッパのドイツではお医者さんが患者さんに、風邪は水風呂に入って治しなさい
…とアドバイスすることがあるとか^^;

水風呂はさすがに日本人には合わないような気がしますが、国によってもだいぶ考え方が違うのには驚かされます。

でも最近では、風邪をひいていてもお風呂に入っても良いケースがあるとも聞きます。

それはどんな場合なのでしょうか?

風邪の時お風呂に入らない方がいい人の基準は

それでは、風邪の時でもお風呂に入っても良いかどうかの判断基準を大人子供に分けてみていきましょう。

大人の場合


  • 38度以上の熱がある。

  • 全身の倦怠感や悪寒がある。

  • 下痢や嘔吐がある。



赤ちゃんや子供の場合


  • 38度以上の熱がある。

  • ぐったりしていて元気がない。

  • 下痢や嘔吐がある。




上記のような場合は、お風呂に入ることで体力を消耗したり、風邪の症状を悪化させたりする恐れがあるため、やめておいたほうがよいでしょう。


風邪の時のお風呂の入り方と注意点

風邪でお風呂に入らない方がいい人の基準にあてはならない、または、鼻水や鼻詰まり、のどの痛みなど風邪の初期症状がある時には、次のことに注意してお風呂に入りましょう。


ぬるめの温度で

風邪の時の設定温度はぬるめにしましょう。

熱いお湯につかって汗をかいて、体からウイルスを追い出そうと考える方もいらっしゃいますが、熱いお湯は体力を消耗させるので風邪には逆効果です。
Sponsored Links



入浴時間は短めに

じっくり湯船につかって体を温めたほうが風邪が早く治るのでは?

そう考える方もいらっしゃいますが、長風呂も体力を消耗させるので風邪の治りが悪くなってしまいます。

水分補給を忘れずに


微熱がある時などは特に、脱水症状になる恐れがあるので入浴前と後には必ず水分補給をしましょう。

部屋は暖めておく

せっかくお風呂で体が温まっても、お風呂を上がった後の部屋が寒いと体温は急激に下がって風邪を悪化させる恐れがあります。


体や髪は素早く乾かす

お風呂から上がって体や髪が濡れたままだと、体温を奪い体を冷やしてしまいます。

風邪の時でもお風呂に入とこんなメリットがある!

風邪をひいていてもお風呂に入れる場合には、入浴によって風邪の治りを早めてくれる効果があります。

具体的には・・・

  • 入浴によって体の血行が促進され、細胞が活性化してウイルスを撃退される。

  • お風呂の高い湿度によって、鼻詰まりや喉の痛みが改善される。

  • お風呂で体を清潔にすることによって、ウイルスや菌の増殖を抑えることができる。







風邪の時に入浴するのはダメ、というの昔の生活様式が理由だったのですね。

熱が出て汗をかいたり、体がベタベタしたりしたときに条件次第ではお風呂に入れるのは嬉しいですよね。

風邪をひいている時のお風呂の入り方やそのメリットについてもう一度おさらいしておきましょう。

・ 38度以上の高熱、倦怠感や悪寒、嘔吐や下痢がある場合には子供も大人も入浴は避けましょう。
・ 風邪の時の入浴は、ぬるめのお湯に短時間で入りましょう。
・ お風呂の前後には水分補給をしっかりしましょう。
・ 入浴後の部屋はあらかじめ暖めておきましょう。
・ 体を冷やさないために、体や髪は素早く乾かしましょう。

上記のことを守って、正しいお風呂の入り方をしてください。くれぐれも無理のない範囲で。
早くよくなるとことを祈っています。

☆子供の病気に関する記事☆

Check

★熱が何度あれば学校を休ませる?迷った時の判断基準を詳しく!★子供が熱の時の食事!食べ物と飲み物はどんなものがいいの?
★子供の鼻血の原因!これって怖い病気?不安になるその前に!
★子供の熱が下がらない!病院に行き直すべき?見極のポイントは?
★家族がインフルエンザに感染!2次感染を防ぐ看病の仕方
★RSウイルスと風邪との違い!見分けるポイントは熱の後の…
★RSウイルスに感染!保育園はいつから登園していいの?
★子供の花粉症で病院に!何科へ行けば良い!?



URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top