Read Article

2015年から新設される子育て支援員についてQ&A形式でまるわかり!

赤ちゃん

待機児童の解消や保育士不足は深刻で

今は働きたくても働けないママ達が増えいます。

 

そんな中、5月28日の、厚生労働省から新たな資格「子育て支援員」

概要が発表されました。

 

詳しくは厚生労働省が発表したPDFの資料⇒「女性が輝く日本」の実現に向けて

その概要は全て書いてあるのですが、ちょっと難しいので(汗)

もっと簡単に知りたいことだけをピックアップしてみました。

今話題の「子育て支援員」をQ&A形式で知ろう!

Q1 「子育て支援員」ってそもそもどんな資格なの?

A 保育士さんのサポートができる新しい資格です。

また、将来的に保育士の資格を取得する時に実務経験としてカウントされます。

 

Q2 どんな人が資格を取れるの?

A  育児経験がある主婦など

 

Q3 資格をとるにはどんな研修を受ければの?

A  国の指針に従って自治体で行われて、共通研修が10時間程度あります。

定員19人以下の小規模保育、1時預かりなどの現場で保育士をサポートする場合は
10〜15時間程度の追加研修があり。

学童保育や、乳児院・児童養護施設で働く場合は追加研修時間は5時間程度あり。

 

Q4 どんなところで活躍できる?

A  小規模保育を行う施設などで働けます。

 

ざっくりとポイントだけをまとめてみましたが、詳しくはPDF資料を

参考にしてくださいね!

参照:厚生労働省が発表したPDFの資料⇒「女性が輝く日本」の実現に向けて

 

来年度から女性の社会進出支援する手助けとしても

期待されている「子育て支援員」。

少しでも待機児童の解消や保育士不足の解消に期待したいですよね!


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top