Read Article

鉄棒の前回り!子供にも分かりやすい教え方とは?!

前回りなんて、カンタンじゃない?!

息子が4歳の時、幼稚園で鉄棒の前回りの体育指導があると聞いた時、私は単純のそう思いました。

でもいざ公園に行って、前回りをさせてみると…

アレ?できないの?!

前回りをするどころか、鉄棒に飛び乗ることすら出来ません…

逆上がりは難しいのはわかってたけど、前回りは簡単なのかと思い込んでいました〜(^^ゞ

でも当たり前のように出来てしまうものって、改めて「できるようになる教え方」と言われても、イマイチわからないものですよね〜。

気をとりなおして、鉄棒の前回りの教え方のコツを調べてみることにしました!

Sponsored Links


鉄棒の前回りもコツをつかんで練習すれば、すぐにできるようになります♪

・・・とその前に、まずは前回りが出来ない理由を知って、その後にママでもできる教え方のコツを詳しく説明しますね〜!

それではいっしょに見ていきましょう!


前回りが出来ない理由

基本 CMYK 前回りは簡単そうに思えて、実は難しい動きです。

中には見本を見せただけでヒョイッと出来てしまう、運動神経のいい子もいますが、その方がまれで、ほとんどの子供がなかなか出来ないものです。

ではどうして多くの子供ができないのでしょうか?

理由は2つあります。
  • 空中で回るのが怖い

  • ジャンプ力・腕の力が足りない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

空中で回るのが怖い

プリント
「高い所に登り、頭から落ちていく、しかも勢いよく」

実はこの動作って子供にとっては怖く、思い切ってチャレンジしてみないと出来ないことなんです。

その為には、子供が勇気をもって鉄棒の前に立ったら

「まずは鉄棒にぶら下がってみようか」とか、
「後ろから支えているから、大丈夫だよ」とか、

いきなり前回りをさせるのではなく、まずは鉄棒に慣れさせ、その上でママがそばにいてくれるという安心感をもたせることが大事!

ママとの信頼関係が持てると、子供は安心して鉄棒に挑んでいけるようになります♪

身体的な条件

前回りの流れは、鉄棒に飛び乗る⇒腕で体を支え⇒頭から降り着地。この動作をするには、どんな筋力が必要でしょうか。

  • 鉄棒に飛び乗る為、足のジャンプ力
  • 腕で体を支える腕力
  • 指の握る力


  • 簡単なように見えて、実は体全身の筋力を使う動きなんですね〜。

    それぞれの筋力を鍛えるためには、こんな練習をしてみましょう!
    ◎ ジャンプ力を鍛えるために、その場で何度もジャンプする。
    ◎ 鉄棒の前で立ったまま、斜め懸垂をする。
    ◎ 手をグーパー、グーパーして指の動きを滑らかにする。



    さあ、ここまで準備運動ができたらいよいよ鉄棒の前に立って前回りの練習をしてみましょう。
    Sponsored Links

    前回りの教え方

    マット 後回り [更新済み] 次は3ステップでできる前回りの仕方と、ママの補助のしかたのコツを伝授します!

    STEP1

    鉄棒の前に立ち、ジャンプして鉄棒に飛び乗りツバメのポーズをさせる。

    ◎ 最初は鉄棒が高いと上手く飛び乗れないため、最初は低い鉄棒で練習させましょう。
    ◎ ツバメポーズで鉄棒の上で止まらるようになってきたら次のステップへ!


    STEP2

    腕を伸ばしたツバメのポーズから、腕を曲げ徐々に頭を下に落としていく。

    実は降りてくるのが、一番恐怖心を感じるところ!補助のやり方をしっかりと押さえておきましょう。

    補助のポイント

    ①ツバメのポーズをしたら、両膝のの裏に手を添える。
    ②降りてくるのが怖いので、胸のあたりに手を当て、圧を感じながらお降りてくる。
    ③降りたら手を背にあてる。


    また、「回転してみて」というと、難しいですが、「足を曲げて」と具体的に言われると、子供はやりやすいようです。

    STEP3

    頭が地面のところまで下がったら両足を曲げると、自然に頭が上がり地面に着地できます。

    ここで大事なのは、重心移動をさせること。

    重心移動をさせる

    脚が伸びたままだと、体の重心がどうしても前にいってしまいます。
    でも膝を抱え込むように回ると、重心が頭にいき、頭が上がると同時に膝が鉄棒の下に、自然と移動します。



    また、回る時は鉄棒をおへその辺りに引き寄せて、鉄棒をお腹から離さないように気をつけましょう!


    言葉でだいたいのイメージは、できてきましたか?

    それではここで、実際に前回りの補助の仕方の動画を見てみましょう!






    鉄棒がお腹に当たり痛いのは何故?

    基本 CMYK
    大人の重視はおへその当たりにありますが、子供は頭の割合が大きいため、頭が重く重心が大人よりも少し上の当たりにあります。

    そのため前回りをする時本来の重心である、おへそのちょっと上のお腹のあたりでバランスをとろとします。

    そのため、お腹を痛めてしまうのです。

    でもこれは体がある程度大きくなる4、5歳になると、自然とバランスがとれるようになり、解決します。

    前回りと同じように教えるのに苦労するのは逆上がりです。次のステップの参考にどうぞ。



    鉄棒前回りのおさらい

    電球 簡単そうで難しい、鉄棒の前回り。ここまで色々なコツをお伝えしてきましたが、ここでもう一度おさらいしておきましょう!
    ○ まずは鉄棒にぶらさがったり、ママが寄り添ることにより、恐怖心をなくす

    ○ 鉄棒を握るときは、親指は鉄棒の下、その他の4本指は鉄棒の上で握る

    ○ ツバメのポーズで鉄棒の上でとまれるようにする

    ○ 頭を下にゆっくりとさげ、足を曲げてくるりと回り、ポンっと地面に着地!

    公園に出て実際に練習する時は、スマホを開きながら、コレ以外のポイントもしっかりとり入れて、確実に子供ができるようになるまでしっかりフォローしてあげて下さいね♪


    最後に、鉄棒前回りを軽々と決める子供たちの動画を見て、イメージアップしておきましょう!お子さんといっしょに見るといいですよ〜





    前回りって思っていたより、実は意外と複雑な動作があるものですよね。

    管理人も息子が前回りができるまで、何度も何度も公園に通いました^^;

    お腹が痛い、腕が痛い、出来ない〜と投げ出すことはしょっちゅう。

    でもそんな時はブランコや滑り台で気晴らしをして、またやってみようと気になったら鉄棒に挑戦してみる。

    気持ちが折れないようにフォローするのが実は一番大変ですよね。

    でも鉄棒はそんなに難しいものではないので、練習をすればきっとできるようになるものです。

    それまではママも頑張りましょう!

    ☆子供の教育・しつけに関する記事はこちら☆

    Check




URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top