Read Article

夏風邪で夜に咳が止まらなくて眠れない時の4つ対処法

 

咳じめじめした梅雨が終わったと思ったら、

もう夏本番に入りましたよね。

 

この時期は気温が高くなるのでついついエアコンをつけて

咽の痛みや咳などの夏風邪をを引いてしまうことがありますよね。

 

特に夜は「副交感神経」が優位になり気管支が収縮するため、

気道が狭くなり咳が出やすくなると言われています。

 

暑くて寝苦しい・・・

咳もとまらない・・・

そんな日が続いては夏バテしてしまいます。

 

そこで今日は

『夜寝る時に咳を止める4つの方法』をお伝えします!

①温かい飲み物を飲む

紅茶

咳をたくさんするとのどが乾燥してしまい、咳がさらにひどくなります。

そのため、のどの乾燥をさけ、出来るだけ水分をたっぷりとりましょう。

特に、温かい飲み物は体も温め、蒸気によって加湿効果もあります。

<おすすめの飲み物>

・ハチミツ入り紅茶
・梅干し入りの白湯又は、番茶

 

②スプーン1〜2杯の蜂蜜を摂る

 ハチミツが小児用の咳(せき)止めシロップと同等かそれ以上の効果があることが、
米国の研究で明らかになりました。
出典:子どもの咳には、はちみつが効果的? [食と健康] All About

蜂蜜を水に溶かしてハチミツ水にして飲んでも効果的です。

③即効性のある「咳を止めるツボ」を指圧する

「尺沢(しゃくたく)」というひじの内側の横じわの

上にあるツボをグッと押すと指が入る部分があるので

そこを強めに押します。

 

尺沢のすぐ上あたりの「上尺沢」も咳止め効果があるので

指圧してみて下さいね。

④鎖骨の間の窪みの「天突」というツボを押す

このツボを押すと気道が緩むので咳が静まり楽になるそうです。

天突は痰やのどの痛みにも効果があります。

 

 

咳が止まらなくて眠れない・・・

という夜は是非試してみて下さいね。


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top