Read Article

妊婦のインフルエンザの予防接種!受けても大丈夫なの?

妊娠中の悩みのひとつに、薬が容易に飲めないのがありますよね〜。

秋が過ぎて、肌寒くなってくると気になり始めるのがインフルエンザの予防接種

でも今年は妊婦で迎える冬!

予防接種は念のため受けておきたいけど、妊婦さんって受けても大丈夫なの?

Sponsored Links

特に兄弟がいる場合、親がどんなに気を使っても、保育園、幼稚園や学校から貰ってきてしまう可能性があり、兄弟から感染して、そこから妊婦である自分にも移ってしまったらどうしよう?!

心配するママも多いのではないでしょうか。

管理人も下の子の妊娠中は妊婦でも受けても大丈夫なのか気になり、産婦人科に相談しながら色々情報を集めていました。

今日は妊娠中のインフルエンザの予防接種について、受けても大丈夫なのか、また受ける場合妊娠中ならどの時期に受けたらいいのかを、実体験を交えながら詳しくお伝えします!

妊娠中に予防接種を受けても大丈夫?

ninpu_wakutinn インフルエンザ対策としてまず考えられるのが、手洗いとうがい、そして予防接種ですよね。

とはいうものの、管理人は今までインフルエンザにかかったことがありませんでした。

ですので、「予防接種なんて打たなくても大丈夫じゃない?!」と変な自身もあり、また妊娠中は薬や添加物などに過剰に気を使っているところがありました。

ですので、実を言うと長男の妊娠中は予防接種は受けません^^;

でも次男の妊娠中は上の子が幼稚園に通っていた為、さすがに心配になり予防接種について調べてみました。

妊婦はインフルエンザワクチンの優先接種対象者

厚生労働省では妊婦に対しインフルエンザの流行る冬の前に、インフルエンザの予防接種を推奨しています。

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンに分類され毒性がないもので、現在の所副作用や副反応の報告はなく、安心して接種する事ができるワクチンとされています。

妊婦が優先摂取対象者というのは、正直びっくりしました!

その理由はというと・・・

優先接種対象者なのはなぜ?

免疫力が低下する妊娠中は感染した場合、肺炎などを合併しやすいので、通常の人に比べて重症化する確率が5倍に膨れ上がります。また、新型インフルエンザの場合は、流産や早産の可能性まであるそうです。そのため妊婦は優先接種対象者とされています。


でも管理人のように、妊娠中は薬は極力避けた方がいい、とっている方もいるのではないかな〜と思います^^;

赤ちゃんへの影響は?

kunotori いくら大丈夫だとは言われても、やっぱりお腹の中の赤ちゃんにはどんな影響があるのか、気になるところ。

そこで、心配症なので調べてみると・・・

胎児への影響

不活化ワクチンは母体にも胎児にも影響は極めて低いとされていて、ワクチンの接種により赤ちゃんに異常が出る確率が上昇したというデータはありません。逆に、赤ちゃんにも予防効果があるという試験結果が出ています。


生ワクチンと違い、不活化ワクチンという、死んだウイルスを使用しているので毒性はないとのことです。

なるぼど〜、これなら大丈夫そうですね^^;

ワクチンには2種類ある

インフルエンザワクチンには種類があるのをご存知ですか?

妊婦になるまで調べてみたこともなかったですが、実は2種類あります。

  • 防腐剤が入っているもの
  • 防腐剤が入っていないもの

インフルエンザワクチンにはチメロサール(有機水銀)、という防腐剤が使われています。

体内に摂取されても微量なため、厚生労働省からも問題無いとされています。でも、やっぱり微量であっても防腐剤の影響も心配になりますよね〜(汗)

こちらも心配いりません!

妊婦さんは希望すれば、防腐剤の入っていないものを選ぶことができます♪

少しでも気になる不安要素は取り除いておきたい!と思うのが母心ですよね〜!
チメロサールについても、かかりつけ医に相談しておきましょう。
Sponsored Links


妊娠中でもどの期間に受けた方がいい?

sensei 一言で妊娠期間と言っても、とって〜も長いですよね。

その長いマタニティ生活の中で、予防接種を受けるのに適した期間はあるのでしょうか。

厚生労働省によると、医師の判断でという条件付ではありますが、妊娠の全期間での接種が可能です。

しかし実際は、16週目あたりが望ましいとされています。

どうして?

予防接種に関係なく自然流産の確率が高い妊娠初期は避ける傾向があり、そのため安定期前あたりの16週目あたりがいいとされています。

ここで管理人の体験談をお話しますね♪

体験談

管理人の場合、次男は夏生まれなので、インフルエンザの予防接種の時期はちょうど妊娠2ヶ月位でした。

まだ妊娠初期だったため、通っていた病院で検診の時に予防接種について相談すると、やっぱりもう少し先伸ばしにしたほうがいいとのこと…。

でもすでに近所の小学校ではではインフルエンザが出ているし、とにかく不安に思いながら過ごしていました。その間は、マスクと手洗いうがいは、徹底!

何とか16週まで乗り切り、予防接種を受けた時にほっとしたのを覚えています。

どこで受ける?

病院 健診で通っている産婦人科で予防接種を行っている事が多いです。

保存剤の入っていないワクチンのものは産科・産婦人科にのみ配分されるので、もしかかりつけの産科で接種を行っていない場合は内科ではなく別の産科で接種しましょう。

また、内科は他の病気の患者さんもいるので、ワクチンの種類に関係なく産科で接種した方がいいと思います。

予防接種の流れも、いっしょに確認しておきましょう!

接種の流れ

①健診で通っている産科の先生に相談しましょう。
②接種が決定したら、通っている産科か他の産科や内科等の受託医療機関に、母子手帳持参の上接種します。





何かと心配が多く、長〜い妊娠期間。

とにかく妊娠中は薬や食べ物に敏感になるものですよね

予防接種を受けるのを迷う気持ちはとっても分かりますが、仮にインフルエンザになってしまったら、それはまたもっと薬も飲まなくてはいけないし、ただでさえつらい妊婦生活がもっと辛くなってしまいます。


でも自己判断せずに、少しでも疑問や不安に思ったことはかかりつけ医、またパートナーにも相談し、決めていきましょう。

インフルエンザにも負けない、楽しいマタニティいライフを楽しんで下さいね♪



URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top