Read Article

RSウイルスと風邪との違い!見分けるポイントは熱の後の…

RSウイルス感染症という病気を知っていますか?

私は長男が1歳児の頃、友達の子供が「RSウイルスにかかり入院した!」という話を聞いて、初めてその存在を知りました。

入院したと聞いて、すごくビックリしったのを覚えています。

インフルエンザがはやる秋・冬に流行することが多い病気で、症状としては季節の変わり目などに流行る風邪と似ています。

ですので、いつもの風邪だとそこまで気にしないでいると、後で大変なことになってしまうこともあります。

Sponsored Links

今日は秋から冬にかけて流行するRSウイルスと風邪の症状の違いを見ながら、その2つを見分けるポイントをご紹介します。

RSウイルスと風邪の症状の違い

基本 CMYK RSウイルスは普通の風邪(=普通感冒)の中の1つで、症状喉の痛みや鼻水と似ているので一見区別しくいです。

実際RSウイルスが流行るのは10月位の秋から冬にかけての期間で、季節の変わり目に多い秋風邪と間違えやすいところがあります。

ただ症状が悪化しやすい、乳幼児の場合普通の風邪だと思っていると大変危険!小さなお子さんをお持ちの場合は気をつけなければいけません。

RSウイルスの特徴

ウイルス ここでRSウイルスの特徴をまず見てみましょう。

RSウイルスの感染による呼吸器の感染症です。

大人の場合には軽い症状で済むことがほとんどですが、重くなる場合には、呼吸困難などになってしまい、場合によっては細気管支炎、肺炎になることもあります。
注意しなければいけないのは小さいお子さんの場合です。

Check

鼻水咳、熱などの症状を発症して数日のうちに軽快することがほとんどですが、その何割かは咳が悪化し、喘鳴、呼吸困難症状などが出現します。



乳幼児は心臓や肺に疾患を抱えていたり、免疫不全だったりすると、重症化するので早急に治療が必要になります。
特に生後1か月未満でRSウイルスに感染した場合は、突然死に繋がる無呼吸発作の危険性があります。

普通の風邪の特徴

では季節の変わり目などによく流行る風邪の症状を見てみます。
RSウイルスの感染による風邪の多くは発症後の経過がゆるやかで、発熱もいきなり高熱が出るということはありません。
症状としてもくしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が一般的ですね。

赤ちゃんの病気で最も多く見られるのが風邪です。
ウイルスや細菌などの感染で起こり、発熱、鼻水、せき、下痢、頭痛、嘔吐などの全身症状が見られます。

その他も表にまとめて比べてみましょう。
RSウイルス風邪
潜伏期間1〜2週間5日〜6日
症状発熱、鼻汁、咳などの症状が数日続き、咳が出るくしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなど
発熱39度以上の高熱が出ることもあるウイルスの種類により39度以上の高熱になることもある
時期10月位〜冬1年中

正直、一見同じように見えますよね。では違いを見分けるポイントはどこでしょうか。
Sponsored Links

RSウイルスと風邪を見分けるポイント

基本 CMYK 初期症状は普通の風邪とほとんど区別がつかないのがRSウイルスですが、症状の経過を観察すると違いが分かります。
最初に鼻水、次に高熱、最後に咳という順番で症状がでることが多い


ここが、一つの目安にと思います。


また風邪はあまり高熱がひきはじめに高熱がでますが、RSウィルスは1週間前後の潜伏期間を経て、38度から39度という高熱になる
場合が多いです。

ですので、熱が下がって元気そうだけど、なんだか鼻水や咳が気になるという場合は要注意です!

また小児科の先生によっては高熱が出ると、すぐに検査をしてくれるところもあるので、気になる場合はお医者さんにも相談しましょう。


RSウイルスの治療法

OL 治療法ですが、残念なことにいまのところはないようです。
RSウイルスに抗生物質は効きません。

二次感染のおそれがあるときは抗生物質を使うことがありますが、多くの場合は症状を抑える治療がほとんどです。

風邪を引いた場合とおなじく、

  • 水分補給

  • 睡眠

  • 栄養



をきちんととって、安静にするのが一番です。


RSウイルスも風邪と同じでやっぱり引き始めが肝心です!風邪をひいたら正しくケアして、早めに治しちゃいましょう。

netu01



小さいお子さんを抱えているママさんにとって、子供の熱はとても心配でよね。

管理人も子供が0歳児の時は特に、何が原因かわからずいきなり高熱がでることもあって、何度もびっくりさせらえました。

RSウィルスも風邪もほとんどが、重症化することのない病気です。

でも免疫力の未完全な赤ちゃんだと、肺炎などの危険性もあるので、ちょっと大変でもすぐに病院で診断してもらったほうがいいでしょう。

季節の変わり目の風邪やRSウィルスの流行の時期には、外出を控えたりすることも大切です。
でも兄弟がいる場合など、外出しなければいけないときにはできるだけ人ごみを避けるほうがいいですね。

寒くなると、色々なウイルスの感染が気になりますが、よく観察して早い段階で治すようにしておきだいですね。

早く熱が下がってお子さんの笑顔が見られるといいですね!

☆その他、子供の病気に関する記事☆

Check

★熱が何度あれば学校を休ませる?迷った時の判断基準を詳しく!
★風邪の時のお風呂に入り方!入るとメリットもあるって本当?
★子供の鼻血の原因!これって怖い病気?不安になるその前に!
★子供が熱の時の食事!食べ物と飲み物はどんなものがいいの?
★子供の熱が下がらない!病院に行き直すべき?見極のポイントは?
★家族がインフルエンザに感染!2次感染を防ぐ看病の仕方
★RSウイルスに感染!保育園はいつから登園していいの?
★子供の花粉症で病院に!何科へ行けば良い!?




URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top