Read Article

子育て支援員の資格を取るにはどんな研修を受ければいいの?

政府は、女性の社会進出を後押しする取り組みの一環として、育児経験がある主婦などが必要な研修を受ければ、小規模保育を行う施設などで保育士をサポートする、「子育て支援員」として認定する制度を創設する方針を固めました。
「子育て支援員」認定制度を創設へ / NHK NEWS WEBより)

テレビでも報道されたので、子育て中のママにとっては
気になるニュースだったのではないでしょうか。

この資格が作られた背景には、働くたくても子どもを保育園に
預けられない深刻な待機児童の問題があります。

また、保育施設を増やしても、保育士自体が不足していることも
問題となっています。

 

私も子育て中の母親として待機児童の問題は感じています。
保育施設が増えて子どもを預けやすい環境ならもっと多くの女性が
社会に出ていけると思います。

では実際、来年の27年度から始まるとされる「子育て支援員」に
なるためにはどんな人が対象で、またどんな内容の研修を受けると
資格をとることができるのでしょうか。

対象となる人

育児経験がある主婦など

研修の内容

具体的な研修時間・カリキュラムは、今後検討会等で有識者の意見を踏まえ
策定するとされていますが、現時点でわかっていることをお伝えします。

・全国共通の20時間程度の研修。
・様々な子育て支援分野に十時できるよう分野横断の共通の研修過程と各分野の研修過程を用意する。
・国が示すガイドラインによる全国共通の研修を各地方自治体が実施する。
資料:「女性が輝く日本」の実現に向けて(厚生労働省)

 

この新資格「子育て支援員」が待機児童の問題の解消の手だてとなり、
より女性が子育てをしやすい環境になっていければと願っています。


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top