Read Article

父の日ラッピング!可愛いネクタイのリボンが簡単に♪

父の日のといえば、ネクタイ。

ネクタイをしめる仕事だけではありませんが、何となくお父さんのトレードマーク的なイマージありますよね。

今日は超簡単に作れるネクタイ・リボンの父の日ギフトのラッピンをご紹介します!

Sponsored Links


ハンカチや財布などちょっとした小物に、シャツやポロシャツなどの洋服のラッピングにも使えます。でもプレゼント選びで迷った時、間違いないのがネクタイですよね〜。

お店のラッピングだとフツーですが、「ネクタイ型のラッピングの中に、ネクタイが入ってるの!?」となると、インパクトもアリで盛り上がってくれるので、ネクタイを包むのにもオススメです♪


パッとみ難しそうなラッピングにも見えますが、要はリボン結びを、ネクタイ結びにするだけです♪


まずは、ラッピングの動画を見てみましょう!

父の日ラッピング 〜ネクタイ・リボンの作り方〜

父の日ネクタイ① それでは、材料から見ていきましょう!

材料


  • 紙袋 1枚
  • リボン 
  • ハサミ
  • マスキングテープorシール

Point

◎ 紙袋とリボンはプレゼントに合わせて大きさは選んで下さいね。
◎ 袋とリボンの色を相性を合わせるとGood!


作り方

では作り方を見てみましょう!

① 紙袋の上の部分にリボンを置き、リボンよりも少し大きめに2回折る。
※綴じ目がない面が表になるようしましょう。

ネクタイ③ ② ひっくり返して折り返した部分の右左に、ハサミで写真のように切りこみを入れる。
ネクタイ② ② 襟を作りネクタイを結ぶ。
ネクタイ④

Point

◎ 結び方は自己流でOK!管理人は見ての通り少々歪み気味ですが、上手だったら女子力高いってことですよね(笑)
◎ 下のリボンを引っ張ると長さの調整ができます。

② リボンの端をネクタイ型に切る。
ネクタイ⑤

Point

リボンを作る時のの反対向きに切ると、ネクタイの端の形になります♪


③ 左右が同じ高さの肩になるように折り裏面でテープで留めて、ネクタイをシールorマスキングテープで留める。
ネクタイ①


今回管理人はマチのないタイプの紙袋で作ってみましたが問題なくできました。厚みのないハンカチなどを包む時には良さそうです♪

動画で詳しく説明されているので、わからないところがあったら見ながら作ってみてくださいね。


Sponsored Links





ラッピングひとつで、だいぶプレゼントの印象が変わるものですよね〜。簡単なのに何だかとっても手の込んだように見えるのが、このラッピング良さです♪

ラッピングの仕方を覚えれば、父の日だけじゃなくて旦那さんへ、彼氏へのプレゼントにも使えますよ〜!

素敵な父の日のプレゼントになりますように。


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top