Read Article

妊婦の花粉症対策!少しでも楽にマタニティライフを送るには?

尋常じゃない鼻水、目のかゆみ、頭がボーッとする不快感。
さらに身重な体に、つわりまで重なったら…。

妊娠中の花粉症は、考えただけでも憂鬱な気分になってしまいます。

年々症状が酷くなる花粉症は、薬なしでは耐えられないので、
花粉の飛ぶ前から医者に通い、薬を飲んでしのいでいる管理人です。

いつもの花粉症なら薬を飲めば済みますが、妊娠中はそうもいきません。

つらい花粉症のこの季節、どうやって耐え抜いたらいいのでしょう。

Sponsored Links

管理人の子供達は2人とも夏生まれなので、必然的に妊婦で花粉症を体験しました。
しかも2回も…。

とにかくこの季節が過ぎるのを、じっと待つしかないのですが、少しでも楽に過ごせたら気持ちも違いますよね。

今日は妊娠中の花粉症の対策を、管理人の体験談も交えてお話したいと思います。

花粉を徹底的に避ける

妊婦 妊婦だからといって我慢しずぎずに、薬に頼る事も大切ですが、
今まで通りの薬を服用していい、という訳ではありません。

そのため大事な事は、

普段の生活の中で、花粉をどれだけ避けられるか。

これが重要になってきます!

では花粉の飛ぶ季節に、妊婦さんが具体的に取るべき行動をみていきましょう!

外出時

マスク
その前にまず…

  • 妊婦さんは基本的には、できるだけ外出を控える


もちろん病院での定期検診や、兄弟がいたら送り迎えなど、出なければならないこともありますよね。

ですので外出はいつもよりは控えめにと、頭に入れておきましょう。

それでは外出時の、気をつけるべきポイントです!

外出時



○ マスクと花粉用メガネ(ゴーグル)の着用

マスクは花粉の7割以上を防ぐ事ができ、メガネは花粉を1/3程度に軽減できます。花粉用のメガネは最近ではポピュラーになってきたので、500円位〜手軽に買えます。

○ 帽子をかぶる

花粉は髪の毛にも付着するので、帽子を被りできるだけ体が花粉に接触しないようにします。

○ ナイロン系の服を着る

セーターやフリースは花粉が付着しやすいので、ナイロン製のものや皮のコートなど、花粉がつきにくい素材の服を選びましょう。

○ 家に入る時は、花粉を落としてから入る

玄関に入るまえに、服に付着している花粉をよく落としてから家に入ります。

○ シャワーを浴びて、着ていた服は洗濯する

ここまでしておけば、家の中への花粉の侵入を食い止められます。



花粉の多い日時間帯も知っておくと外出の参考になります。

Check

<花粉が多い日> ⇒ 雨が降った翌日 or 天気がよく風の強い日

<花粉の多い時間帯> ⇒お昼前後(花粉が舞い上がる) or 夕方(花粉が舞い落ちる)

家の中

続いては家の中での、花粉の対策です。

家の中


○ 加湿器と空気清浄機をフル回転空気清浄機
花粉は空気が乾燥していると、部屋の中でもすぐに舞い上がってしまいます。ですが室内の湿度を60%程度に保つ事により、花粉が部屋中に舞い上がるのを防いでくれます。

空気清浄機とのダブル効果がおススメです。


○ 手洗い・咽と鼻のうがいをする

マスクやメガネで花粉を防いでも、花粉の粒子はとても小さいのでどうしても体に付着します。

こまめに手洗いとうがいをして、花粉を洗い流します。

○ 掃除機をこまめにかける

この時期は普段よりこまめに掃除機をかけ、花粉やお部屋のハウスダストも残らないように清潔に保ちましょう。

○ 洗濯物は部屋干しする

部屋干しは臭いが気になりますので、部屋干し専用の洗剤や乾燥機などをうまく使いましょう。部屋干しは加湿にもなりますよ〜

○ 換気は花粉の比較的少ない時間帯に

閉め切った状態の部屋も健康上よくありません。換気は花粉が比較的少ない時間帯、朝か夜を狙ってしましょう。

洗濯物
Sponsored Links


まずは産婦人科医に相談

プリント
妊娠中だからといって症状がひどいときは、我慢せずにかかりつけの産婦人科医に相談して、薬を処方してもらうのをお勧めします。

妊娠中の花粉症の特徴は?

スギ花粉
妊娠中は花粉症の症状が悪化して酷くなってしまったり、また今まで花粉症ではなかった人が、急に発症したりする場合があります。

原因としてはっきり分かっている訳ではありませんが、
  • 妊娠によるホルモンバランスの崩れ
  • 自律神経の働きの変化
  • 体内の水分量の増加


などが、関係しているのではないかと考えられています。

妊娠中に薬は飲めるの?

管理人も妊婦時代は、本当に花粉症に悩まされました。

出来るだけ薬に頼らないようにと頑張ってみましたが、逆にそれがストレスになり、イライラしてしまうこともありました。

妊娠中に薬の服用を絶対にしてはいけない、という訳ではありませんが、

時期と薬の種類を、担当の産婦人科の先生と相談する必要があります。


どうして?

妊娠中でも初期の16週までは、胎児の器官を作る大切な時期と言われていいます。
その為、絶対過敏期とよばれるその時期の薬の服用は、胎児の発育に影響があるといわれ、服用には注意が必要とされます。

妊娠初期は特に慎重に!逆に安定期に入ると体調も違ってくるので定期検診を利用して、先生に気軽に相談するのがいいと思います。

ここで管理人の妊娠時の、体験談をお話しますね〜

管理人の体験談

妊娠中はマスクやメガネ、外出時の服装など出来る事はを徹底していました。ですがもともと頭痛持ちなので、必要以上に多く鼻をかむせいか、常に頭がボーッとしてしまい、頭痛に悩まされてしまいました。

そこで産婦人科の先生に、頭痛が辛いと相談したところ、妊婦でも飲める痛み止めの薬を処方してもらいました。

これで、頭痛が抑えられたので、なんとか花粉症の時期を乗り越えることができました。

1人目は結構我慢して花粉症を乗り越えたのですが、2人目の時は迷わず担当医に相談しましたので、その後は快適なマタニティライフを送ることができました〜♪

妊婦の花粉症対策のおさらい

ここでもう一度、おさらいしておきましょう!

  • 外出時はマスク、花粉メガネ、帽子、ナイロン系の服を着て徹底的に花粉を避ける
  • 家に入る前には、必ず花粉を振り落とし、手洗いうがいをする
  • 掃除機はまめにかけ、洗濯物は家干しする
  • 症状が酷い場合は、あまり無理をせず産婦人科の先生に相談をする





妊娠期間ってつくづく長いな〜と思います。

その間色々な季節がありますが、特に春が辛かったのを良く覚えています。

今日ご紹介したのは知っていればすぐに出来るものなので、実践して少しでも楽なマタニティライフが送れるよう、願っています。

早く花粉が去りますように!!!






URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top