Read Article

小児科選びどうしてる?信頼できるかかりつけ医の見つけ方

「どこかいい小児科ないかな…。」

子供がいると、病院に行く回数が増えますよね。

乳幼児期には、予防接種の嵐。また保育園や幼稚園に通うようになったら、特に最初は毎週のように風邪をもらってきます。

でも、これだけ病院に通っても、意外といいお医者さんはいなかったりしませんか?

Sponsored Links

特に初めての赤ちゃんの場合は、早くいいお医者さんを見つけたいですよね。


今では管理人は、信頼のおけるかかりつけ医に巡り会いましたが、見つかるまでは本当に苦労しました。

今日は小児科の信頼のおける、お医者さんの見つけ方を管理人の経験談も交えながら、お話したいと思います。


小児科に抱える悩み

病院 「最初に行った小児科が、いい先生で当たりだった!」という場合はラッキーです。

ですが多くの場合は、小児科に対して、何かしらの悩みを持っていると思います。

例えば…
  • 先生と話しにくい
  • 説明をあまりしてくれない
  • 薬が合っているのか不安を感じる
  • 待ち時間が長い
  • 近くにいい医者がない


いい小児科が見つからなくても子供が熱が出たら、とりあえずでも、病院に行かなくては行けません。

管理人も今までいろんな病院に行きましたが、本当に色々な先生がいました。

そこで今まで診てもらった小児科の先生の中で、ちょっとイマイチだった先生良かった先生の特徴をあげてみたいと思います。


ちょっとイマイチな小児科は?


まずは、「ちょっとここの小児科イマイチかな〜」という例は?

  • 話をしにくい、聞きにくい
  • 内診のあと説明があまりない
  • 待ち時間が長い
  • 何となく出された薬に、不安を感じる


小児科の診察で大事な事は、先生に症状を説明し会話をすることです。

どうして?

例えば、「昨日の夜から熱が出て今朝も熱があり、黄色い鼻水が出ている。」
いつからどんな症状なのかをお母さんは細かく説明し、先生はその説明と内診により症状を判断し薬を処方しますよね。

ですので、お母さんと先生との会話がうまくとれるかは、とても重要なことです。

何となく先生と会話がしにくい…と感じる場合、その先生はあまりおススメしません。


いい小児科

それでは管理人が巡り会った、いいお医者さんの特徴をお話します。
  • 親身になって話を聞いてくれる
  • 高熱が出た場合、すぐに検査をしてくれる
  • 小児科の専門医の病院
  • 予約システムが完備されていて、待ち時間が少ない


それでは、少し詳しく見ていきましょう。

先生と話しやすい

小児科 管理人のかかりつけの先生は、母親の話をよく聞てくれます。

看病する母親の自分なので、ちょっとした疑問でも先生に聞いて解決しておくのは、とても大事です!

ある病院では症状について細かく聞いた時、何となく嫌な顔をする先生がいました。
そうなると、先生に心を開くのは難しいですよね。

もちろん先生との相性もあると思うので、先生をいかに信頼して話せるということが、何よりも大事だと思います。


高熱の場合はすぐに検査をする


検査結果 ↑こちらの写真はつい先日、うちの1歳半の下の子が高熱を出した時の検査結果です。

ちょうどこの時期、インフルエンザとアデノウイルスの患者さんが増えてきたとのことだったので、内診後すぐに検査をしました。

幸い結果は陰性で、鼻と咽の炎症による風邪でした。

でもこの検査をすぐにしてくれる病院は、意外とありません。

インフルエンザが本格的に流行りだす頃は他の小児科でも検査をしますが、ほとんどの場合は熱が出たとしても、内診で薬を処方ます。

管理人の体験談

上の子が2歳の頃高熱と咳が出た時に、小児科に行った時の話です。
その病院で出された薬を3日間飲んでも症状がよくならず、結局かかりつけ医病院に行き直し検査した結果、RSウイルスだったことがありました。

そうなると二度手間になり、子供はその間体力が消耗し、回復までに時間がかかってしまったことがありました。

それからは熱が出た時はすぐに検査をしてくれ、信頼のできるかかりつけ医の先生の病院に行っています。

小児科の専門医の病院を選ぶ

病院選びをする時は、小児科専門であるのが理想です。
大きな総合病院の場合は、小児科専門医の先生に診てもらえる所ががいいと思います。

どうして?

他の科もある病院だと病院や看護師さんの雰囲気も違ってきます。
待ち時間が長くなってしまった時でも、子供用のおもちゃなどがあると、子供が安心して待っていられます


予約システムが完備されている

病院によって、予約の取り方は様々だと思います。
受付の早いもの順であったり、電話予約であったり色々ですよね。

管理人のかかりつけ医の先生の病院は、ネット予約ができます。

予約を入れておくと診察時間の10人前に自動でメールをくれます。
そうすると、いくら混んでいても病院での待ち時間が短くて済むので、とても助かっています。

いい小児科を見極めるポイント

基本 CMYK
管理人の経験談も交えてとイマイチだった小児科いい小児科をお話してきましたが、
ここでもう一度、いい小児科の先生を見つけるポイントを見てみましょう!

  • 先生と話をしやすい
  • ママ友の評判がいい


やっぱり、先生との相性が一番大事だと思います。

先生といっても人として信頼できて、「この先生好きだな〜」と思えるならその先生のいる病院がいいと思います。

そういった先生の病院は自然と、ママの間で大人気なので、評判がいいので、ママ友の口コミを参考に、探してみるのが一番手っ取り早いと思います。

Sponsored Links


病院を使い分ける


管理人の小児科のかかりつけ医の先生の病院は車で15分程かかり、いつも予約がいっぱいです。

ですのでかかりつけ医に行く場合は、基本的に高熱が出て明らかに辛そう、また初めての症状の時だけにしています。

それ以外の場合は、症状によって病院を使い分けています。


病院の使い分け


予防接種のみの場合:

定期接種やインフルエンザの予防接種は、基本的に近くの小児科に行きます。

熱はなく、鼻水、咳のみの場合:

一度かかりつけ医で診てもらった事があり、同じ症状の鼻水、咳などがある場合は、耳鼻科、もしくは近くの小児科に行きます。

急な体調の変化や夕方からの受診の場合:

時間帯によって予約が取れない時は近くの小児科に行き、翌日になっても症状が気になる場合は、かかりつけ医に行き直します。





子供は病院が休みの日でも関係なく、体調を崩しますよね。

信頼できる先生の存在も大事ですが、かかりつけ医以外の耳鼻科や皮膚科、休日でも対応してくれる総合病院等も、日頃からチェックして、万が一の時に備えておくのもおススメします♪

子供が大きくなるまでは、お母さんも病院付き合い、いっしょにがんりましょう!



URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top