Read Article

絵本の読み聞かせの効果とは?時間を作って続けたくなる理由

子供が生まれてから絵本について、こんなことを言われました。

「絵本はいいから、とにかく子供にいっぱい読んであげなさい。」
「読み聞かせをすると、子供にいい影響がある。」

管理人も5歳と1歳の子育てをしているので、絵本の良さは実感はしてますが、正直読み聞かせには、どんな効果があるのか、よくわかっていません。


Sponsored Links


絵本はたくさん読んであげたいと思っていても、育児や家事に追われる中で、絵本の時間を作るのは結構難しくないですか?

管理人も子供に絵本は読んであげている方だと思いますが、時間を作るのがしんどい時があります…。


でも、絵本の読み聞かせには、本当にスゴい効果があるんです!

とにかく、いいことづくしです!


読み聞かせの効果が分かれば、時間を作ってでも、きっと毎日続けたくなると思います。

いっしょに管理人おススメの絵本も、ご紹介しますので見てみましょう!

絵本の読み聞かせの効果とは?

赤ちゃん絵本 絵本を読みきかせは、どんな時にしてますか?

管理人の場合は、家事の合間や寝かしつける前に、読んであげることが多いです。

でも基本的に、自分の気持ちに余裕がある時に読みます。逆に言うと、余裕がない時は読んであげていませんが…。

さて、絵本の読み聞かせには、期待できる効果が4つあります。


  • 親子のコミュニケーションになる
  • 心のの成長に役立つ
  • 脳の発達が活発になり、想像力が豊かになる
  • 読書好きの子供になる


それぞれ詳しくみていきましょう。


親子のコミュニケーションがとれる

OL 親子でいっしょに読むと、絵本の世界をいっしょに共有することができますよね。

そのため、子供とも自然と絵本の登場人物との話をしたり、感動したり、笑ったりと会話が弾みます。

会話が弾むとそのまま普段の、「今日は誰と遊んだの?」みたいな流れで、子供とも話がしやすくなります。

毎日子供といっしょに過ごしていても、お母さんは家事や仕事が忙しかったり、子供は子供で遊びに熱中していたり、それぞれバラバラに過ごしている時間の方が多くないですか?

その点、絵本は同じ物を見て、時間を共有できるので、親子でのコミュニケーションにとても効果があります。

心の成長に役立つ

子供はとにかくお母さんが大好きです。

そんな大好きなお母さんが、自分のためにに絵本を読んでくれているだけでも、すごく嬉しいと感じます。

ですので子供は絵本の読み聞かせを通して、自分は愛されていると感じる事ができます。

自分が愛されていると思えると、子供は自分に自信がつき、成長していきます。


絵本を読む時は子供の後ろから、包み込むように読んであげると、子供は安心し情緒も安定してきます。



脳の発達が活性化、情操教育に役立つ

絵本の読み聞かせを聞いている時は、大脳の辺緑系と呼ばれる部分が、活発に働くと言われています。

大脳の辺緑系とは何でも、やってみたい、チャレンジしてみたい気持ちを作り出したり、人の感情の喜怒哀楽を理解するのに関係があり、活発化されることで、発達に役立つと言われています。

また、絵本のストーリに入り込むことで登場人物の気持ちになり、相手の気持ちを理解する力、感受性も鍛えられ、情操教育にも効果があります。

想像力が豊かになる

雲空想 絵本の魅力って絵本ならではの世界観だったり、へんてこな登場人物現実ではあり得ない設定だったりしませんか?

いっしょに読んでいる親の方も、絵本の世界にハマってしまうこともしばしば。

現実から飛び出して、色々な世界を絵本を通して経験していくことで想像力が豊かになります。

読書好きの子供になる

絵本に親しむと物語を読む楽しさが、分かってくるようになります。
すると活字に触れるのが楽しくなり、気がついたら自分で本を広げるようになります。

管理人の上の子も、1歳を過ぎた位から絵本が好きになり、5歳になった今ではひとりで簡単な本を、読むようになりました。

実は、ひとりで本を読めるようになると、とっても楽チンなことが多いです。

移動時間や病院での待ち時間も、本1冊あればなんなく過ごせるようになります。

また活字好きになっていれば、小学校に上がってからの勉強も、スムーズに入っていけるようになりますよね。
Sponsored Links


年齢別のおすすめ絵本

きゅっきゅっきゅ さて、ここまで絵本の読み聞かせの効果をお話してきましたが、冒頭でも触れていた通り、いいことづくし!ということが納得していただけたかと思います。

さて、絵本の読み聞かせはいつからはじめたらいいでしょうか。

読み聞かせのはじめ時は、子供が絵本に興味をもつようになった、だと思います。

ですので、6ヶ月の赤ちゃんでも絵本に興味を示したら、読み聞かせてを始めればいいと思います♪


それでは、管理人のおススメ絵本を、赤ちゃん向け2・3児歳向けに分けてご紹介します。

赤ちゃん向け絵本

・『きゅっ きゅっ きゅっ』(林明子):とにかく子供が大好きな本です。

・『かお かお どんなかお』(柳原 良平):顔の表情がコミカルでおもしろい

・『いちごです』(川端誠):シンプルだけど繰り返し読みたくなる本です。

・『がたん ごとん がたん』(安西水丸):電車好きな男の子は大好きです。

物語がシンプルで、リズム感があり、繰り返し覚えやすいフレーズがあるのが特徴です。

2・3児向け絵本

・『はらぺこあおむし』(エリック・カール):色や形が美しい!

・『どうぞのいす』(春山美子) :なんともココロに残るストーリーです。

・『おばけのバーバパパ』(アネット=チゾンとタラス=テイラー):シリーズの中で一番好きです。

・『14ひきのこもりうた』(いわむらかずお):寝る前に読むのにちょうどいいです。

どの絵本も独特の世界観があって、絵本を開いた途端に物語の中に入り込んでしまいます。



絵本を読む時の声って、自然と優しい声になりませんか?

ちょっと前までは、ものスゴく怒っていたのに、絵本を読み始めると急に優しい気持ちになってる、なんてことも管理人はあります。

「絵本の読み聞かせを毎日しなくちゃ!」とは無理には思わずに、まずはお母さんの気持ちに余裕がある時に、やってみてくださいね。

読み聞かせの時間が心地よい時間になってくると、自然と毎日続くようになると思います。


☆子供の教育・運動・しつけに関する記事☆

Check

★子供にスキーの教え方!楽しさを伝える5つのテクニックとは?
★子供のスキー板の長さ!選び方のポイントは身長と体重と…
★オンライン英会話の子供への効果!通学との違いをわかりやすく♪
★速く走るコツ!ママでも教えられる5つポイントはコレ!
★鉄棒の逆上がり練習法!ママでも無理なく教えられるコツ
★鉄棒の前回り!子供にも分かりやすい教え方とは?
★縄跳びの教え方!子供に分かりやすく教えるポイントは?
★縄跳びの長さの調節!ちょうどいい長さにする方法とは?
★小学校マラソンの練習法!苦手意識がなくなるその方法とは?
★小学校マラソンの距離ってどの位走るの?平均的なタイムは?
★パパを育児に参加させたい!父親が子供に与える影響力とは?
★運動会のお弁当に合うフルーツ!家族に喜ばれる定番5品♪







URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

Return Top